点検・整備


seibi-title

soudan

詳しいメンテナンス内容

おクルマを安全・快適にご使用いただくために、機械や部品が正常な状態を維持できるよう消耗部品の点検や交換、整備をすることをメンテナンスといいます。思わぬ故障や万が一の事故を防ぐためにも、早めのメンテナンスでクルマをリフレッシュしましょう。

 

engine brake tire
oilfilter battery

 


法定12ヶ月点検では、プロの目による確実なチェックを行います

12ヶ月毎に行う法令で定められた点検・整備です。外から見ることのできない部品を取り外したり、テスターを用いて排気ガスの状態等をチェックするなど、プロによる確実なメンテナンスを実施します。点検の結果、整備が必要となった箇所は、オートショップSTの確かな技術で整備いたします。


室内点検

  • ブレーキペダルの遊びと床板のすきま
  • パーキングブレーキの引きしろ(踏みしろ)
  • ブレーキの効き具合
  • クラッチペダルの遊び、切れたときの床板とのすきま(MT車のみ)shitsunai2

 

エンジンルーム点検

  • エンジンオイルのもれ
  • トランスミッション、トランスファの油量・油もれ
  • ファンベルトのゆるみ・損傷
  • パワーステアリングベルトのゆるみ・損傷
  • ブレーキマスタシリンダの液もれ
  • 点火プラグの状態、点火時期、ディストリビュータキャップの状態
  • バッテリターミナルの接続状態
  • 排気の状態
  • エアクリーナーエレメントの状態
  • 冷却水のもれseibi-engineroom2

下まわり点検

  • ブレーキホース、パイプの液もれ、損傷、取付状態
  • ホイールシリンダ、ディスクキャリパの液もれ
  • エキゾーストパイプ・マフラー・遮熱板のゆるみ・損傷seibi-shitamawari2

外まわり・足まわり点検

  • ブレーキドラムとライニングのすきま
  • ブレーキシューの摺動部分とライニングの摩耗
  • ブレーキディスクとパッドのすきま、パッドの摩耗
  • タイヤの状態/空気圧・亀裂・溝の深さ等
  • ホイールナット・ボルトのゆるみ
  • プロペラシャフト・ドライブシャフトの連結部のゆるみseibi-sotomawari2

 


クルマの“点検・整備”は、ドライバー自身で簡単に行える「日常点検・整備」から、プロの目でしっかりチェックする「定期点検・整備」があります。これらは法令で定められたものであり、ドライバーの義務でもあります

日常点検・整備(自家用自動車の場合)

[実施時期]クルマに乗る前や降りた後など

ドライバー自身で行う点検・整備。突然のトラブルを防止。
長距離走行や洗車・給油時、季節の変わり目などを目安に実施します。

定期点検・整備(自家用自動車の場合)

[実施時期]12ヶ月および24ヶ月毎

プロの目で点検・整備を行い、重大な事故につながるトラブルも防止。
標準的な使用を前提に、安全の確保、公害防止の観点から、12ヶ月および24ヶ月毎に実施する必要最小限の点検・整備です。
外から見えない部品もプロの目でチェックいたします。

車検(自家用乗用車の場合)

[実施時期]24ヶ月毎(初回は登録日より36ヶ月後)

おクルマが、法令の定める環境・安全基準に適合しているかをチェックします。
継続検査は、その時点での国の基準(保安基準)に適合しているかどうかのみチェックするもので、検査のみでは安心とはいえません。トヨタはその後も安心してお乗りいただけるよう、同時に定期点検・整備(24ヶ月点検)を実施しています。

点検と整備の法令について

法令では以下のように、クルマのユーザーに対して安全のための点検や整備を行うことを定めています。

【ユーザー保守管理責任(道路運送車両法 第四十七条)】
自動車の使用者は、自動車の点検をし、及び必要に応じ整備をすることにより、当該自動車を保安基準に適合するように維持しなければならない。


seibi-nagare

 

contact-bana


shake-bana960-2
shaken-uri
shaken-hayawari
shaken-kingaku1
shaken-gold-1
shaken-pratinum-1

net-reserve

2018年10月
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
     
2018年9月

shaken-attention
shaken-doujitokuten

 

contact-bana